読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 Spigenは、同社の公式ストアで「iPhone 7(仮)」「iPhone 7 Plus(仮)」

 Spigenは、同社の公式ストアで「iPhone 7(仮)」「iPhone 7 Plus(仮)」用のスマホケースの先行予約販売を開始した。  先行予約販売を開始したのは、薄型軽量で本体の造形を楽しめる透明ケース「リキッドクリスタル」、米軍の物資調達基準である「MIL規格」に準拠したタフネスケース「ラギッドアーマー」、プレミアムTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材のバンパーとポリカーボネート素材のケースを組み合わせたハイブリッドケース「ウルトラハイブリッド」。 シリコンiPhoneケース  ラギッドアーマーは従来のiPhone用のものとは異なり、Appleロゴ部に穴が開けられている。ウルトラハイブリッドはクリスタルクリア、ローズクリスタル、ブラック、ミントの4色をラインアップする。 新品Chanel iphone6 ケース  なお、先行販売した商品の発送は9月中旬以降を予定している。また、画像はイメージ図で、実際のデザインと形状は若干の変更の可能性がある。 シリコンiPhoneケース 【関連記事】ディーアンドエムホールディングスは、マランツブランドのフラッグシップSACD/CDプレーヤー「SA-10」を10月下旬に発売する。「マランツの今後の5年、10年の基礎となるモデル」と位置付けられ、マランツ独自のDACを搭載するなど意欲的なモデルとなっている。 シャネルiphone7ケース価格は60万円。 【この記事に関する別の画像を見る】  なお、発表会場には「SA-10」との組み合わせを想定したプリメインアンプ「PM-10」が参考展示された。 エルメスiphone6ケースSA-10と同時に登場する予定だったが、音質を追求し、開発に時間がかかっているとのことで、来年の早い段階での登場が予定されている。 ■オリジナルDAC「Marantz Music Mastering」を採用  「SA-10」の最大の特徴は、汎用的なチップメーカーのDACを使わず、「Marantz Music Mastering」(通称MMM)と名付けたマランツ独自のDACを開発・搭載している事。 シャネルiphone7ケースマランツはドライブメカエンジンを自社で手掛け、デジタルフィルターも独自開発。DAC後段のアナログステージにも「HDAM」を使うなど、ディスクプレーヤーのほぼ全てのパートを自社でハンドリングしてきた。 シャネルiphone7ケースしかし、DACチップだけは他社のものを使っていた。これを自社開発する事で、「入り口から出口まで、全部マランツ製でコントロールできるようになった」という。 シャネルiphone7ケース  他社の汎用DACを採用した場合、自社開発をする必要がなく、低コストで低リスク、1チップにまとまっているので省スペースで実装基板の小型化ができるといった利点がある。逆に、1つのICチップであるがゆえ、より高音質なパーツをDAC内部に使えない、オーディオメーカーの音質ポリシーに沿ったプログラムを使えないといった問題もあり、これまで「汎用DACである限り、製品を作る際にもどかしいと感じる部分はあった」という。 シリコンiPhoneケース  そこで、元フィリップスでアプリケーションラボに所属し、DSPに関する高度なノウハウを持ち、現在はマランツのヨーロッパリージョンの音質担当者でもあるライナー・フィンク氏が、マランツオリジナルDACを開発した。同氏はかつて、「DAC7」でビットストリームDACの開発を担当、「CD-7」のデジタルフィルタの開発者でもあるなど、マランツサウンドを理解し、知り尽くしており、そんな彼が手がけたアルゴリズムがMMMには投入されている。 シャネルiphone7ケース  汎用的なDACの内部は、オーバーサンプリングデジタルフィルタ、ΔΣモジュレーター、DAC、I/Vコンバーターで構成される。MMMこの中の、オーバーサンプリングデジタルフィルタ、ΔΣモジュレーター、DACまでを内包した名称。 シリコンiPhoneケース  具体的にMMMは、オーバーサンプリングデジタルフィルタ、ΔΣモジュレーター、I/F×2、DACで構成する。MMMの中の前半部分、オーバーサンプリングデジタルフィルタ、ΔΣモジュレーター、1つ目のI/Fまでを「MMM-Stream」。 シリコンiPhoneケース後ろのI/F、DACを「MMM-Conversion」と名付けている。  MMMは、全てのデータをDSDにΔΣ変換して処理する。 シリコンiPhoneケースMMM-Stream内部のオーバーサンプリングデジタルフィルタとΔΣモジュレーターは、PCMデータ用のもの。入力されたPCMをDSDデータへと変換し、MMM-Conversionへと渡す役割を担う。 シャネルiphone7ケースDSDデータが入力された場合は、オーバーサンプリングデジタルフィルタとΔΣモジュレーターはスルー。その後のI/Fに直接入力する。 iphone6sケースPCMデータであってもDSDデータと全く同じD/A変換プロセスで再生できる。  これにより、後段のMMM-ConversionはシンプルなアナログフィルターのみでD/A変換できる。 シリコンiPhoneケースディスクリートで構成しているため、音質に大きく影響するパーツを自由に選でき、回路規模も自由に構成できるのが利点。  また、マランツはこれまで、PCと接続するUSB端子からのノイズが、DACなどに影響しないように高速なデジタルアイソレータとリレーを使って、ノイズの回り込み、グラウンド電位の変動を排除してきた。 シャネル iPhone6sケースSA-10にも同様の回路が搭載されているが、それだけでなく、MMMの内部、MMM-StreamとMMM-Conversionの間にも、デジタルアイソレータを投入している。MMM-Streamはデジタル基板に、MMM-Conversionはアナログ基板にそれぞれ分かれて配置。 シリコンiPhoneケースこうすることで、デジタル基板からアナログ基板への高周波ノイズの流入も徹底的に排除した。DSPやUSBのコントローラーICそれぞれの電源ラインに、導電性ポリマーコンデンサを挿入するなどの対策も行なっている。 シャネルiphone7ケース  全体では2箇所にデジタルアイソレータを使っているため、この対策は「コンプリートアイソレーションシステム・デュオ」と名付けられている。  なお、オリジナルDAC採用の副産物として、処理時のパラメーターをユーザーに開放。 人気ブランド携帯カバーPCM信号を処理する場合は、デジタルフィルタ、ノイズシェーパー、レゾネーターの設定を各2項目から、ディザーを3項目からそれぞれ選べるようになっており、最大24通りの音の違いが楽しめる。  クロックは、従来の2倍の発信周波数の超低位相雑音クリスタルを採用。 シャネル iPhone6sケース44.1kHz系、48kHz系それぞれに専用のクリスタルを使い、最適なクロックを供給。ジッタを抑制している。 シャネルiphone7ケース  DAC以降のアナログステージは、ハイスピードで情報量豊かなサウンドを実現するため、フルバランス・ディファレンシャル構成の回路とし、DACからの出力を受ける初段のバッファと二段目のフィルタアンプに独自の高速アンプモジュールHDAMを、三段目の電流帰還型出力バッファアンプにHDAMとHDAM-SA2を採用。パーツも厳選したものを使っている。 ルイヴィトンiphone7ケース ■USB DAC機能も搭載  SACD、CDに加え、DVD-R/RW、DVD+R/RWやCD-R/RWに記録したMP3/WMA/AAC/WAV/FLAC/Apple Lossless/AIFF/DSDファイルの再生が可能(DSDはCD-R/RWでは非対応)。さらに、USB DAC機能も搭載。 シリコンiPhoneケースDSDは11.2MHzまで、PCMは384kHz/32bitまでサポートする。DSDの再生方式は、WindowsのASIOドライバを使ったネイティブ再生とDoPに対応。 シリコンiPhoneケースPCとクロックを同期せず、SA-10側の高精度なクロックで制御するアシンクロナスモードにも対応し、ジッタフリー伝送ができる。  デジタル入力分を含む、デジタルオーディオ基板は銅メッキシールドケースに封入し、高周波ノイズの輻射による音質への影響を防止した。 iPhone6 エルメス  iPhone 6s/6s Plusをライブビューとして使える双眼鏡が登場、上海問屋から「iPhone6s/6s Plusでライブビュー撮影できる双眼鏡 (DN-914212)」が発売された。 【この記事に関する別の画像を見る】  店頭価格は税込4,999円で、販売ショップはドスパラ秋葉原本店。 シリコンiPhoneケース ■倍率8倍の双眼鏡とiPhone 6s/6s Plusが合体、ライブビューや写真・動画撮影が可能  これは、双眼鏡とiPhone 6s/6s Plus用ケース、ケースを双眼鏡に取り付けるためのアタッチメントがセットになったモデル。同種の製品はサンコーなどから発売されているが、今回の製品ではiPhone 6s/6s Plusへの対応がうたわれている。 シリコンiPhoneケースなお、iPhoneケースは6s用と6s Plus用の2タイプが付属している。  iPhoneでライブビューをする際には専用のアプリは不要で、iPhone標準のカメラアプリを使用する仕組み。 iPhone6 エルメス標準のカメラアプリを使用するため、写真撮影や動画撮影も行える。  双眼鏡の倍率は8倍で、対物レンズの有効径は36mm。 マイケルコースiphone7ケース本体サイズは横60×縦140×奥行き167mm、重量は約570g。